読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外に出る、人に会う、なんでもいいからなにかをする

久しぶりにパソコン開けました。前回ブログを書いたあとパソコン開いてなかった。

 

天気のいい日はプールに行ったり、週末はハイキングに行ったり、夏を楽しんでいました♪ 今日は雨ふっているのでブログを書きやすい。笑

 

f:id:sorairoheart:20160818234522p:plain

週末に自転車で川の近くに

 

 

毎日一時間ほどかけて、語学のクラスを二時間受けにいっています。
とてもいい時間帯で、朝10時に家を出て、ちょうどお昼時に勉強し、2時半頃帰宅。
疲れているときは朝ゆっくりしてから学校に行ったり、午後は家事をしたり、ときどき人に会ったり、帰ってきて疲れてたらyoutubeをみてひたすらだらだらしたり。

 

朝早いクラスだったらしんどかっただろうな。。朝からあまり頭働かないし。寝不足は離人にはきつい。

 

でもこのクラスも明日でひとまずお休みです。来週から二週間インターンいってきます。8時前には家を出て、フルタイムで働くのでどきどき。朝から晩まで週5でフルタイムっていうスケジュールをここ何年もやってない。仕事内容も未知なので、わたしに務まるかどうかハラハラ。でも、心のどこかでわくわくしている。


 

そしてその仕事のあとは一週間のホリデーを計画中。夫のおじいさんの時代の、古いホリデーハウスに泊まってゆっくりしてくる予定。

 

このブログを書いていなかった期間、少し離人のことを忘れられるほど、充実していたように思います。心が少し健康になった。
少し前まで自分に許せなかったことが、楽観的に受け入れられていることに気づいた。うれしい小さな変化です。

 

そこで思ったのが、やることがなにかしらあったほうが、神経症にはいいのかも、ということ。

 

わたしの場合、定期的に

① 外に出る

② 人に会う

③ なんでもいいからなにかをする

こんなことが自分の心によかったようです。

やさぐれていた心が少しまるくなった。

 

同じく神経症の友達とも話していたことなのですが、いろいろ不安になったり心配したり、症状のことに深刻になりすぎると、なかなかメンタルがつらいからです。やることがあって少し忙しいくらいが気が紛れてちょうどいいのかも。

 

わたしは語学のクラスを始める前、5か月間ほどなにもしていないときがありました。「自分ってなんだろう?」「これからどうしよう」と不安になった。
しかしこの期間に、離人についてはじめて見つめることができた気がします。つらかったけど、これもわたしにとってなくてはならない時間だったような気がする。

 

その期間にカウンセリングを受けることにして、結果は続けたいと思えるカウンセリングではなかったけれど、これがきっかけで「ブログはじめよう!」と思ったんです。先生にあまり伝わらない、、じゃあブログで自分の思いを書いてみよう!って思ったのがはじまり。

 

ブログを通して、人生で初めて同じ慢性離人を抱える方とメールでおはなしすることができました。それはわたしにとってとても大きなことでした!!