読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

離人を知らない医者とのカウンセリングは効かない ~苦いカウンセリング体験 ①~

わたし個人の、カウンセリング体験について、きょうは書きたいと思います。

わたしは一年ほど前から、スイスに住んでいます。

言語はむずかしい、仕事を見つけるのもむずかしいなど、大変なこともありますが、愛する夫と、いっしょに暮らす日々は幸せです(*´ω`)

初めて実家を出て、結婚生活を始め、仕事もしていない期間の中で、ひとりで自分を見つめる時間をもつようになりました。

私は今まで14年間気にしないようにしていた自分の「離人」の症状のこととも向き合うことになりました。友達に話してみたり、母と電話してみたり、夫に話してみたり、少しずつ。

 

2015年に人生で初めてカウンセリングを受けました!
離人経験者のカウンセラー - 離人ノート
はじめてのカウンセリング - 離人ノート

東京だったのですが、ここでのカウンセリングが良いなと思ったので、スイスに戻ってからも、日本人情報紙などを見て、スイスに長年住んでいる日本人カウンセラーの、カウンセリングを受けることにしました。

オルテンで個人で開業されている、ユング派心理士の三宅桂子先生です。

 

4回のカウンセリングを終え今に至るのですが、苦い体験になりました。。
きょうは私の体験を書いてみたいと思います。

 

わたしが思ったこと、それは...


あなたが「自分の離人を理解していない」と感じる先生とのカウンセリングは、おすすめではありません

 

ということです。

 

カウンセリングを受ける前に、夫がドイツ語で、離人症について調べてくれました。
ドイツ語でも情報は出てきて、そこにもっともなことが書かれていました。


離人を知らない医者とのカウンセリングは効かない

 

今回それを痛感しました。

 

以前にも少し触れていたので、もしよかったら読んでみてください。

いいカウンセラーを見つけるのはむずかしい - 離人ノート

現実を生きろ!って、どうなの。 - 離人ノート

 

 

つづきます。