読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧血

離人になる前、体調不良をふりかえると、はじまりは貧血だった。

 

小学校6年生の夏に、はじめて生理になった。
このホルモンの変化が自律神経に関係あるのか?はわからない。

 

卒業式の練習が、3月に向けてはじまると、練習で立たされるときに、よく貧血で具合悪くなってた。

なにしろ一学年150人くらい?の生徒の名前をひとりひとり呼び、証書を渡すまで起立しているんだから、軽く1~2時間くらいだろうか?
(今思うと、なんでずっと立たせるの?)


とにかく、具合悪くなってるのはわたしぐらいだったような。
いやむしろ、みんななんでそんな元気なの?笑
倒れてるこっちからすると、そっちのほうが不思議だ。

 

結局、わたしは卒業式当日、行かないことにしました。
もちろんすごく行きたかったよ。
でもどうせ倒れて具合悪くなるってわかってたから。

そして、倒れるときって、気まずいんだよね。
「あぁ、具合悪い、どうしよう。。」

満員電車でめっちゃ具合悪くなったらどうしたらいいかわからなくなりますよね、
しゃがめばいいのか、だれかに助けを求めたらいいのか?焦るわ
まあそんなかんじです。貧血は精神的にも辛いんです。


この貧血は中学生になってもつづきます。
毎週月曜日の朝は朝礼からはじまるんですよ。
前ならえ、手を後ろに組んで足肩幅に広げて、先生のはなし聞くじゃないですか?

あれ今でもあるの?
大人になった今思うと、まるで軍隊みたいで理解できない。

まあとにかくわたしはそれで倒れてました。
毎回倒れてたわけじゃないだろうから、きっと大丈夫だったときもあるのだろう。
途中座れたときとかね。
でもいつ倒れるかハラハラしてましたよ。「いつ倒れて恥かくか!」
そんなかんじで胸中戦場でした。


当時、病院で血液検査したのですが、鉄分不足の貧血ではなかったです。
つまり血液の問題ではない。

起立性貧血っていうのは、脳からきてて、自律神経の問題みたいです。

朝礼以外でも中学のマラソンで貧血になって保健室いったことありますが、
その後は、人生の中でそんなに長時間立たされることがなかったので、
貧血で倒れることはなくなりましたが、今でも立たされたら、なるのかな?

カフェで立ち仕事してたときなんかは、歩くので全然大丈夫だったのですが、
長時間同じ場所で立ってるとだめみたいです。

あ、温泉いって長風呂したとき、貧血になります。それは今でもある。。

 

自律神経失調症につづく