読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほうじ茶ラテ

きょうはおいしいもののはなし。

疲れたとき、まったりしたいときによく、
ほうじ茶ミルクを作ります。
なんかすごい癒される。


作り方は、まず少なめのお水を入れたお鍋にしょうがをすりおろし、沸騰したら、ほうじ茶を多めに入れます。
こぽこぽ煮だしたら、ミルクを入れて、いい感じにあったまったら、最後に多めのきび糖を入れて、完成。

(豆乳でもおいしいと思う)

いつもこの土っぽいカップで飲みたくなります。

f:id:sorairoheart:20170306045729p:plain

ほうじ茶がちょっぴり渋くて香ばしい、ミルクが優しい、そんなかんじのドリンクです。疲れたときぜひ飲んでみてね(^^)

 

ちなみに、風邪っぽいな、とか弱ってるなっていうときに、
梅醤番茶 もおすすめです。

カップに梅干し、すりおろし生姜、醤油を入れて、最後に熱い番茶をそそぐ。効きます。いつも意外と醤油をおおめに入れる。


あと、梅干し白湯も、風邪のとき、すごい美味しく感じる。

 

ほうじ茶ラテ、確か前スタバにもあったな。ティーバッグだったんだけど、濃く出ておいしかった。


あとラベンダー入りアールグレイも大好き。
めちゃくちゃ癒される。

 

 

竜田揚げ

この週末は、朝10時まで寝てしまいました。一回6時とか仕事行く時間に目覚めちゃうんだけど、二度寝して。

最近夢に懐かしい人がどんどん出てきておもしろい。

朝は菜っ葉を炒めて、パンを食べて、天気がいいので散歩に行きました。最近仕事で忙しくて野菜不足な気がしたから野菜をたくさん買って。

鶏のもも肉骨なしをゲットしたので(ここでは骨なしが珍しい)午後に下味つけて、夜は竜田揚げにしました。

今まで何度か唐揚げ作ってたんだけど、いまいち納得のいく味にならず、今回やっと、理想の味に辿り着いた!嬉しい( *´艸`)

納得の味に辿り着くと、今度は友達とか家族とかに食べさせたくなる。

 

片栗粉100%で揚げた。白ぽく、竜田揚げらしくなります。
下味は、醤油、酒(うちはいつも安い白ワイン)、塩、
砂糖、胡麻油少々、にんにく、しょうがすりおろし、を適当に入れて、ビニール袋で寝かせます。

f:id:sorairoheart:20170306043707p:plain

写真はイメージ

 


人の作った料理の写真とか見るの大好き。

 

 

 

久しぶりに離人のはなしをした

大学時代の友達と昨日久しぶりに話していて、なつかしくて、心があったかくなった。彼女は本当に優しい人で、わたしは安心して何でも話してしまう。それを当時から真剣に聞いてくれて、互いにいつも深いはなしをしていました。
面白いはなしもたくさんして、笑って。
思い出したら会いたくなった。

彼女はとても気使いなんだけど、オープンで正直で。真っすぐで。

2か月くらい前に「カウンセリングに行ってみる」と何気なく言ったわたしを心配してくれていたそう。(説明不足で申し訳なかった)

「あたし離人症っていう症状があってね、」っていうことを彼女に話したのは、もう7年くらい前だと思う。彼女の家に泊まりにいったときに、深夜まで話していて、わたしはそのことを言ってみたんだ。彼女は「なにその感覚?」って驚いていたけど、真剣にとらえてくれたことを覚えている。

そのあと、離人についてそれ以上話すことはなかったので、7年越しに話しました。

友人「カウンセリングっていってたけど、大丈夫か、って心配してたんだよ」

私「あ、心配させてごめん。カウンセリングは離人症のためで、中1からある症状だから今やばいっていうわけではないんだけど、治したいなと思って」

そこで彼女が「最初花から離人のはなし聞いたとき、どんな感覚なんだろう、どんだけ辛いんだろうって考えてたんだけど、なんかそれ以上聞けなくて。。」と、当時のことを話してくれました。わたしは、7年前に話した「離人」というわたしの悩みを覚えてくれていただけでもうれしかった。

みんな、気になってくれてはいてもなかなか聞けなかったりするんだな、と思った。家族とかもそうかもしれない。
離人は説明しても少しふしぎだし、なかなか他人には想像、理解するのはむずかしい。そして話題にするのもちょっとむずかしいのかもしれない。

彼女がわたしを気遣う言葉をたくさんくれて、今思い出してもほんとうに胸がいっぱいになりました。

「聞いてもその感覚はわたしにはわからないかもしれないんだけど、それでも聞かないより聞いたほうがいいなって思ったんだ」

 

「花には大学で私がほんとに辛かったときに救い出してもらったからほんとに感謝してるし、わたしだけでなく色んな人に頼りにされていて、確実にこの世界で誰かになにかを届けられている存在だと思うよ」

 

この言葉を胸に、大事にしていこうと思いました。生きていてよかったって思えた瞬間でした。ほんとうにうれしかった。ありがとう。

 

 

ブレインスポッティング 

先日、2回目のスカイプカウンセリングでした。

先生は主にブレインスポッティングを用います。

ブレインスポッティング、自分がいまいちうまくできているのか?わからない。
ちゃんと本読もうと思った。笑 
先生に読んでみてと言われた本があるのです。

初めて聞く方は、ブレインスポッティングってなんじゃらほいって感じですよね。わたしもぺらぺら説明できるほどクリアになってないのですが、マインドフルネス瞑想を用いているみたい。

マインドフルネス瞑想を、脳と関連させ、カウンセリングとして体系化した

という印象。これはあくまでもブレインスポッティングを(現在 計3回)受けたわたしの体感で、まったくリサーチしていないので、無責任な感想です。笑

ブレインスポッティングってどのくらい普及しているのでしょう。マインドフルネス瞑想は最近TVなどでも取り上げられて、認知度が上がっているみたいですね!

そしてマインドフルネスってなに?瞑想ってなに?って方もきっといますよね。

カウンセリングでどんなことをやったかざっくばらんにシェアします。

 

ブレインスポッティング カウンセリング体験

 


①まず「最近、体調どうですか?」から入ります。

②最近の体調、思ったこと、不安になったこと、などざっくばらんに話します。なんでもあり

③先生が改めてブレインスポッティングの脳の仕組みのはなしをしてくれました。脳の模型をスカイプで見せてくれました。

 

④先生が「スタートはどこでもいいんだけど、②で話した今、不安を感じるところから入ってみよう」とスタートポイントを決めました。

⑤先生「不安は体のどこで感じますか?」
 私 「胸の辺りです」
 先生「今朝の不安のレベルを10だとして、お昼になった今は不安のレベルを数字で表すとどのくらいですか」
 私 「うーん6くらいかな?」
 先生「ではそこを感じてみてください」

 

⑥先生「顔は正面のままで、目線を右にしてみて、上、真ん中、下、左、、、」と色んな目線を試します。「一番見ていて居心地いい場所を教えて下さい」といって目線を決定します。
これが瞑想にはないポイントかな?と思うのですが、脳へのアプローチと関係あるのかな。

⑦先生「ではそこを30秒見ていてください。ただ感じてください。何が起こってくるか。」

⑧しばらくして、「今どうですか?」
「不安はどうですか?数字でいうとどのくらいですか?」

⑨先生「思いついたことがあったら話してください」
無意識に頭によぎったこと、思い出したこと、などを話します。わたし「昔こんなことがあったのを思い出しました、悲しくなりました」

⑩先生「その悲しい気持ちをただ感じてください。では3分くくらい。話したかったらいつでも話してください。感じることが大切です」

⑪とまあこんな要領で時間まで続き、1時間20分がセッション時間なので、時間が近づくと、
先生「ではそろそろ時間なのでまとめに入っていきたいと思います」
先生「今日見ていて、花さんは~~~こういう欲求があるんじゃないかなと思いました。小さい頃の自分の欲求を、今の自分がしっかり見てあげましょう」
先生「もしよかったら自分でもマインドフルネスの”ただ気づいて何もしない”ということをやってみてください」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんなかんじです。

先生が「こんなことをやってみて」といってくれたことは、過去にも少し書いたことがあるのでよかったらみてください。

 

ただ気づいてなにもしない - 離人ノート

脳にやさしい生き方 - 離人ノート

 

 

お休みの日

ブログって気づいたら時が経っていますね。月をまたいでいました。こうやってブログを書こうとするとき、いつもわくわくしています♪

今はくもってるけど、午後晴れたら散歩がてら買い物に行こう。今晩はカレーと生春巻きを作ろうかな?
今週は上司の休暇で、わたしも仕事がお休み。料理をいつもより少し丁寧にできる、だんなさんの喜ぶ顔がうれしい(*'ω'*)


家の中がカオスだったので、お休みはパーフェクトなタイミングだったな。昨日は一日整理してたらへとへとになった。でもきれいになった部屋を見て達成感☆まだ終わってないので今日もがんばります。

ひょんなことから、最近スピーカーをいただきました。ipodをつなげて音楽を流せるのでお気に入り。今まで、レゴの小さな小さなスピーカーしか持ってなくて。
そういえばいつか、「スピーカーあったら素敵だなぁ」って思ってたことを思い出した。3,4年前?でも「わざわざ買うほどでもないな」と思っていた。

いつか、インドの旅で出会った友達が、

ほしいと願って、忘れた頃に叶ってることが多い

と言っていたのを思い出した。

なんだか、そんな会話ができた空間、時間を今になって思い巡らせ、愛おしさでいっぱいになる。

人との出会い。人生って、すべてがパーフェクトなタイミングなんだなぁ。


ふしぎな夢

今日ふしぎな夢をみたよ。


わたしと、友達Mと、その友達大勢といっしょにスキーをしていて、天気のいい日に。友達たちが壮大にスキージャンプをして、Mの顔を雪に描いた、バースデーメッセージ。それを見て嬉しそうにしているM。
それで夢の中のわたしは「あ、Mの誕生日か」と気づく。(自分は忘れていたらしい)

というところで起きた。
起きてからも嬉しくなるくらい、久しぶりにみた幸せな夢だった。

 


あ!!?!

まじで三日前にMの誕生日だったことに気付く。

まったく連絡取らないからもうすっかり忘れていた。


興奮冷めやらぬまま急いでメールをうつ。

「遅れたけど、誕生日おめでとう!
実は忘れてたんだけど、今、夢の中で誕生日だって教えてくれたんだよ。驚いたよ。」

そしたら返事がきて、
「ありがとう。メッセージ嬉しい。昨日の夜、花のこと考えてたんだよ。だからつながったのかな。今はスキーに来てるんだ!」

え!

「夢でね、わたしとMはいっしょにスキーしてたよ!」


という。かなり久しぶりに話した人だったので、こんな偶然?嬉しかったです。

やっぱりなんかMとは繋がってるんだなぁ。


離人と体調

カウンセリングの質問に答えていて、ちょっとショックだったことがあって。

まず、「体調はどうですか」と聞かれて、ハッキリとした声で「ふつうです!」と答えました。

そうしたら先生が、「体調悪いのが普通になっている人もいるし、いろいろあるんですが、どうですか」と掘り下げて聞いてくれました。

あ。。
あたし、実は離人になってから、
ずっと体調悪い。


と思いました。
前にも書いたかもしれないけど。

身体が重い。心が不安。どことなく吐きそう。疲れている。

常にこんな感じなんです。

こういう不定愁訴みたいなものをずーっと抱えている。

もちろん風邪なんかひいたときは熱でて本格的に具合悪くなるし、逆に周りからは普段元気に見えることもあれば、なにか楽しいことに集中しているときは自分自身も不調を忘れたり、パワーもあると思うんですが。

なので「不調が普通になってますね」とそのまま伝えました。

先生「じゃあ離人になった中1のときから15年くらい具合悪い感じが続いてる感じなんですね」

うわ、まとめるとそういうことだ。。

やべーだろそれ、、

 

。。。


それから一夜明け、今日、その会話をふと思い出し。

離人になってから、元気ではない。
ずっと体調が悪い。

うわーー辛いなぁそれって思ったんですが、

逆に24時間慢性的に離人で元気でいられる人っているのか?
って思った。

こればっかりは同じ慢性離人症の方に体調をぶっちゃけてお話ししていただかないとわからないのですが。いたら会ってみたいなぁ。

私は、15年慢性離人だけど、「慣れて何事もなかったかのように元気に」なんてない。まわりにはそう見えていたかもしれないけど、言わないけど常に疲れてて。


離人でも元気になれるのか、
心身が元気になって、離人があっても気にならなくなるのか、
離人が先に治って、長年の病気から解放されてやっと元気になるのか、

元気になる方法はまだわからないけど、

これから年をとっても、むしろ年々元気になる!を目標に、

しっかり栄養あるもの食べて、運動して、楽しいことして、
カウンセリングにもとりくんで、いきたいと思います('ω')ノ


元気になりたいです。